未分類

ブラッシングや歯間ブラシで歯石を完全に取り除くことは素人には不可能なので

Posted by hanamizukifp on

ブラッシングを指導してくれる歯医者は予防歯科という言葉をサイトのTOPに書いてあるのが一般的です。

歯が汚くて困っている人がすがる思いで利用するのがホワイトニングです。

ホワイトニングはプロにやってもらうという方法も1つの選択肢ですが、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを1人1人に合わせて作り、そこに薬剤を入れてほぼ毎日2時間くらいはめ続けることで行います。

ホワイトニングは、2週間もあれば効果を実感することができるのが普通ですが、真面目にマウスピースをはめていなかったり、面倒でさぼったりすれば、効果が出ないこともあります。

ホワイトニングで得られる歯の白さのレベルは8段階くらいに分けることができますが、明石家さんまみたいに不自然なほど白くなるのは普通は無理なのです。

なお、ホワイトニングの薬は体に悪いものではないですが、アレルギー体質のような人の場合はパッチテストが必要なので、最初から歯科医師に知らせておくべきです。

歯周病とは、歯垢のストレプトコッカス・ミュータンス菌が原因で歯茎に炎症が生じ、歯を支える骨が溶ける病気であり、これが原因で歯がダメになることも多いです。

大人の口内には300種類~500種類の細菌(虫歯菌もその1つ)がいますが、細菌が固まると歯垢から歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にも複数存在し、タバコ、食生活、歯ぎしり、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。
楽天オーネット

歯周病は時代の進化とともに進行を食い止めることも可能になってきましたが、どうしても完治は難しいので、基本的には正しい知識をもって予防することが大事です。

そのため、虫歯にしても歯周病にしても、まずは歯磨きをちゃんとしないことには防げませんので、歯医者で歯磨きをちゃんと指導してもらい、可能な限りかかる前に予防できるよう意識すべきです。

ハブラシの取替ををする間隔は人によって違いますが、歯科医が推奨している期間は意外とわずかで、3週間程なのです。

歯ブラシはパッと見はきれいでも、時間が経過することで毛の先端に目に見えない細菌がたくさん付着するので、案外不衛生なのです。

また、毛が開いた状態だと歯と歯の間に先端が到達しないので、歯石をちゃんと落とすことができません。

ハブラシは毛の程度に違いがあるのですが、どちらかを選べと言われればやわらかめのものを使用するのが無難です。

未分類

定期的に検診を受けるのは不要なんじゃない?と思っているかもしれませんが

Posted by hanamizukifp on

歯の健康診断は最低でも半年に1回くらいは受け、通い慣れた歯医者を作ってカルテを保存しておいてもらい、歯の健康管理をしてもらいましょう。

インプラントとは、簡単に言えば失われた歯を補う技術のことです。

歯周病など口腔疾患がもとで歯が欠けたところに作られた人工の歯根を植え、そこに歯を乗せるイメージです。

インプラントは保険が効かないのでかなり高額になり、1本ごとの値段は25万円~50万円もかかります。

みなさんは高いと思っているのではないかと思いますが、インプラントはその技術を導入するために投資がかなり必要なので、歯科医院側の都合も理解しましょう。

インプラントが凄いのは、ブリッジの技術とは異なり、インプラントを適用する歯の周りへの負担を減らすことができるという点です。

患者第一で治療をしている歯科医であればちゃんとお金がかかることを説明してくれますので、治療に先立って十分話を聞いて、納得してからお金を払いましょう。

ハミガキはブラッシング以外に、デンタルフロスや歯間ブラシ合わせて用いることがおすすめです。

あるデータから、ブラッシングのみだと61%しか除去できないのに、歯間ブラシを一緒に使用することで8割まで増えることが分かっています。

歯石には虫歯菌が棲みついていますので、ちゃんと除去することができていないと、そこから出た酸が歯のエナメル質を削ってしまい歯に穴が空いてしまいます。
バイクブロス

歯間ブラシの活用には勉強が必要なので、知識がないという人は歯医者に行った時に説明してもらうべきです。

就寝前は歯磨きによって歯の汚れを確実に清掃することが肝心なのですが、夜は唾液の量が減るため、細菌が繁殖しやすいというのが理由なのです。

ブラッシングを教えてくれる歯科は予防歯科などの言葉をホームページのTOPに書いてあるのが普通です。

歯ブラシの交換をする間隔は人それぞれですが、歯科医が良いと考える期間は結構短期間で、1ヶ月程なのです。

歯ブラシは見た感じは汚くなくても、時が経つと毛の先端に細菌が数多くつくので、素人の想像を越えて汚れているのです。

また、毛の先端が開いた状態だと歯と歯のすきまに先端が到達しないので、歯垢をきちんと落とすことが出来なくなります。

歯ブラシは毛先の程度に個性がありますが、どちらかと言えばやわらかめのものを使うのが正解です。

リッチな客層を狙い、品質の高いハブラシも売られていますが、歯ブラシには1本あたりでお金をかけすぎるのではなく、頻繁に取り替えるのが確実です。

未分類

短期的には歯がきれいになったような

Posted by hanamizukifp on

その理由ですが、歯周病になっていても自覚症状が乏しく、自分では自覚できないからというのが理由です。

また、ブラッシングや歯間ブラシで歯石を完全に取り除くことは無理なので、歯科で取ってもらう必要がありますが、このことを知っている人は4割もいないので、歯医者さんも儲かります。

初めてかかる歯科ですと、歯の周りのレントゲンを撮ることが一般的ですが、これは肉眼では見えない体の内部の状態を見るために行うものです。

定期的に検診を受けるのは行きたくないと思っているでしょうが、虫歯を放置することで歯に穴が開いてしまい、リカルデントのお世話になるよりはずっとマシです。

歯科での定期検診は年に1回から2回は行って、いつもの歯科を決めてカルテを保存しておいてもらい、虫歯が出来ても初期のうちに治療すべきです。

フッ素が使われている歯磨きを我が娘に用いるのは危険かもしれない、と気を揉む親御さんがいます。

そのワケは、フッ素をたくさん摂ってしまうと、斑状歯や骨硬化症と言った病態が出てくるかもしれないから、らしいです。

フッ素は、常識を超えるような多量のフッ化物の含有量が認められる飲料を飲むことで、健康に悪影響が出る可能性があるのは、歯科医の周知事項です。

ですから、換言するなら、歯磨き剤から取り入れるくらいの量なら、大げさに心配する必要はないというのがノーマルな考え方ください。

むしろ、フッ素を使用しているのが理由で、つい厳しくしないでしまい、デザートに甘いものをたくさん与える方がよっぽど問題があります。

インプラントとは、分かりやすく説明すると顎の骨に人工歯根をつけ、そこに人工の歯を植えるのことです。

虫歯や歯周病が原因で歯が欠けたところに人工の歯の根っこをつけ、その上に人工の歯を重ねるのです。

インプラントは健康保険の適用外であるためかなり高額になり、1本の価格は30万円~40万円になるのも珍しくありません。

高いと感じる人の方が多いかもしれませんが、インプラントは歯科で導入するために多くのコストがかかりますので、仕方ありません。

インプラントが凄いのは、単なる入れ歯とは違い、口腔内の全体に与える影響を抑えることができることです。

患者第一で治療をしている歯科医であれば先に大事なことを解説してくれますので、早まらずちゃんと分かるまで話を聞いて、それから治療を受けましょう。
ボイトレ 新宿

歯周病と糖尿病は素人目には全く別々の病気でしかありませんが、本当はかなり関わりが高いのです。

未分類

糖尿病にかかると体の抵抗力が落ちますので

Posted by hanamizukifp on

なお、使用する薬剤は健康への悪影響はないのですが、過剰反応があるような人の場合は万が一がないとは言い切れませんので、最初から歯科医師に伝えないといけません。

歯科で定期的に検診を受けるのは、とても大事なことです。なぜかと言うと、初期の虫歯や歯周病は自覚症状が乏しく、気づかないうちに進行するからなのです。

また、歯磨きだけで歯垢や歯石を100%除去するのは無理なので、歯医者さんでないと無理なのですが、これを理解している人は4割もいないようです。

初診の歯科では、レントゲン撮影をすることが多いのですが、これはレントゲンでないと確認できない顎の骨の状態などを把握するために行っているのです。

歯の健康診断は不要なんじゃない?と思っているかもしれませんが、初期の虫歯に気づかず抜歯が必要になり、リカルデントのお世話になるよりは良いと思うのですが、いかがですか。

歯科での定期検診は最低でも半年に1回くらいは受け、通い慣れた歯医者を作ってカルテを保存しておいてもらい、口腔内の健康を保ちましょう。

歯磨き粉で迷ったら、発泡剤が入っていないものを選ぶ方が良いです。

発泡剤が使用された歯磨き粉で歯を磨くと、ハミガキの時に口の中が泡立つため、歯を磨いた気になるわけですが、その勘違いは正した方がいいです。

むしろ、泡だらけになってしまうことで歯の汚れがどこだか分からず、磨くべきところをしっかり清掃できないという欠点が生じてしまうのです。
スマートビークル

歯磨きは口腔環境を改善することが目標なので、その邪魔になるようなものが入っている歯磨き粉がおすすめできないのははっきりしています。

歯磨き粉の成分には多くのものがありますが、歯科医がすすめないものとしてその他に研磨剤も良く取り上げられます。

研磨剤は歯の表面を削ってしまうので、一時的に歯がきれいになったような、長期的には歯の表面に色がついてしまうきっかけになるわけです。

歯磨き粉はなくても大丈夫だと解説する歯医者の方が多いので、最低限、不十分な知識で勝手に選ぶのはおすすめできません。

歯ブラシの取替ををする期間は人それぞれですが、歯医者さんが推奨している期間は意外と短期間で、2ヶ月程度です。

歯ブラシはパッと見は汚れていなくても、時間が経つと毛先に目に見えない細菌が何億も付着するので、想像以上に汚れているのです。

また、毛が開いてしまうと歯と歯のすきまにブラシが到達しないので、歯垢をきれいに除去することが不可能になるのです。